トップ | 自然に任せてなんにもしないお肌は?

自然に任せてなんにもしないお肌は?

私の友人には「自然派」が多く、完璧こだわりの生活をしている。
食べ物もそうだけど、洗うものについていうと、もちろん洗剤は「石けん」洗濯用は粉石けんか液体石けん。食器洗いは無添加の純固形石けん。お風呂も住居もこれ一個あればという生活をしている。

お顔はというと石けんで洗ってローションをたまにつけ「これで十分」という。
たしかに余計なものをつけないとお肌は自然に自分の皮脂がでて、皮脂のバリアで丈夫そうな肌をしている。
しかし、シミ・くすみもしっかりと・・・

お肌は加齢とともに放っておくと皮膚が厚く硬くなってきます。
また、古くなった皮脂が毛穴にたまってきます。
鏡で良く見ると黒っぽくポツポツと・・・。これがくすんで見えるのですね。
若いうちは新陳代謝が活発なので新しい皮膚の生まれ変わりも早いのですが、ある程度年齢を重ねるとどうしても無理が出てきます。
手入れしないで放っておくとお肌はどんどん老化してしまいます。
お肌もマッサージなどで新陳代謝を活発にして適度な刺激を与え、外からの力で古い角質を剥がしてあげないとたるんでシワになったり、シミが沈着してしまいます。

そんな人に勧めるのがパック(地質系白土)です。
一皮むけたようになりますよ。
これをやるかやらないかで年を重ねてからのお肌が断然違うでしょう。

<< 戻る || トップ | 日焼け止め化粧品を上手に使いこなすには(紫外線PART4)