トップ | お子様 ~ 赤ちゃんや小さいお子さんのお肌は大人よりずっと弱いものです

お子様 ~ 赤ちゃんや小さいお子さんのお肌は大人よりずっと弱いものです

お子様 ~ 赤ちゃんや小さいお子さんのお肌は大人よりずっと弱いものです

大人より敏感で刺激に弱い、大切な子供の肌だから良いものを選んであげたい

・ オムツかぶれ ・あせも ・シャンプー・リンス
・ 夏のUV対策 ・せっけんはみがき ・冬の乾燥対策

なぜトラブルが起きるのか?

< オムツかぶれやあせも >
赤ちゃんや小さいお子様はとてもデリケートな弱い柔肌です。
なぜなら「皮脂膜」「表皮」「真皮」「皮下組織」が未発達なので、外からの刺激、異物にとても敏感なのです。

赤ちゃんの肌は柔らかく憧れてしまいますが、実は意外と乾燥しています。生後まもなくはお母さんの免疫もあり活発な皮脂分泌があるのですが、三ヶ月を過ぎた頃から思春期を迎える頃までは皮脂分泌が徐々に低下し十分でなく乾燥しがちになります。

でも、オムツ蒸れや汗などであせもやオムツかぶれにとてもなりやすいので気をつけてあげたいですね。
あせも対策にはまずよく汗を吸収させる下着・衣類をえらぶことや、オムツかぶれ予防はいつも清潔に保つことが基本です。

その上でいかに予防していくか?
オムツかぶれの場合、おしりの皮膚にとっては洗い流すことがベストです。洗浄剤が含まれたおしりふきの使用や、ゴシゴシこすってはかえって皮膚を傷めてしまいます。小さいお子様はたくさん汗をかきます。放っておくとあせもになり、ひどくなると湿疹になりかねません。 お肌を弱酸性の環境に保ちましょう。

acid powder酸性パウダー :お肌を弱酸性に保ちます。

< シャンプー・リンス >
小さいお子様でも髪の毛の生え際や首まわりに湿疹ができているという方が多く見られます。一番の原因は合成洗剤シャンプーやリンス、ヘアコンディショナーかもしれません。市販されているシャンプーのほとんどが界面活性剤を含むシャンプーです。これらは髪の毛のキューティクルのタンパク質を溶かす作用もあり、パサパサの細毛になってしまうこともあります。また、強い浸透性を持ち、毛根も痛めてしまいます。

haircare 260・洗髪石けんアルファ・酸性リンスアルファ

<日焼け止め >
本来私たちの皮膚は皮脂膜というバリアで異物の侵入を防いでいますが、そのバリアも通してしまうものが界面活性剤・一部のガス・紫外線です。化粧品のように使用しないで済むものは避けられますが、紫外線はそれなりに対処しないと避けられません。特に大人(約20歳未満)になる前の皮膚は十分形成されていないので皮膚も弱いものです。紫外線を無防備に浴びすぎると、これから形成される肌に影響し、将来丈夫な肌をつくるのにダメージを与えてしまいます。日焼け止めクリームは状況に応じてつけることが必要です。界面活性剤や毒性が指摘されているフェノール系の紫外線吸収剤などのものは避け、肌に負担の少ない酸化チタンや酸化セリウムなどの顔料を使用した紫外線散乱剤のものを選びましょう。

07111314132027_lscdbアンティサンバン4MMG :紫外線散乱剤のUVクリーム

対処法

  • あせも
    あせも防止には、ぬるま湯できれいに洗い流してやさしくタオルドライし、酸性パウダーをはたいておくと良いでしょう。
  • シャンプー・リンス
    成分が天然の油脂を使用した石けんシャンプーにきり替える事をオススメします。髪や地肌にとても優しくお子様から大人までお使いいただけます。頭皮の汚れや髪の汚れは予洗いで70~80%の汚れが落ちると言われています。まず、しっかり予洗いしましょう。そうするとシャンプーの量も少なくて済みます。
    シャンプー・リンスの仕方
  • 紫外線
    • < ご留意下さい >
      子ども、特に幼児の皮膚は常時成長の過程にあり、通常、生後3~4ヵ月までは新鮮な皮脂が分泌され、お肌を守っています。しかし、生後4ヵ月を過ぎたあたりからは皮脂分泌が劇的に減少し、皮膚バリア形成が停滞しますが、思春期までは活発な身体の代謝機能に依存した皮膚代謝が皮膚環境を維持しています。
      この身体の代謝機能があるので日常生活でも紫外線による弊害が生じる事は稀ですが、皮膚科学的には慢性的な弱肌であると考えられます。
      また、化粧品を使用した場合に、化粧品という抗原になりうる物質の抗体・免疫力が形成過程にあるため化粧品に反応してカブレを起こす場合があります。安全性が確認されていたとしても、全てが安心して使用できる化粧品というわけではありませんのでお子様の化粧品使用には気を付けてあげましょう。
      紫外線はあらゆる遮蔽物に乱反射しながら地上に照射されて(雲、大気、ホコリ、地面、建物、雪面…)いるので物理的な対策(衣類、帽子、日陰をつくる…)を優先した上で使用できる化粧品を少しずつ試しながらご使用下さい。※乳幼児の使用は避けてください。
    • < お肌が荒れ気味で乾燥している場合 >
      紫外線の影響でお肌は硬くなりがちです。お子様の化粧品を用いた場合の対策はまずは、アフターケアを優先させて下さい。紫外線で荒れて硬化しているのに洗いすぎていないか、一度見直して下さい。荒れを感じたら、タオルなども使わず、手で洗ってあげて下さい。それだけでも、汚れは十分に落ちています。ひどい場合は、石けんの使用はストップです!
      素洗いのみにして下さい。大切な事は、化粧品を選ぶよりも、お肌の状況にあわせてどのような工夫をするかです。
    • < 乾燥や荒れがない場合 >
      「体」:特に腕の部分は紫外線を浴びやすいので、弱酸性の「KBローション」、ほどよく乾いたら、「アンティサンバン4MMG」を塗ってあげます。その後に、酸性パウダーを軽くはたいてあげると、より散乱層が強化されます。各商品は使用できるかどうか少量ずつ試して下さい。ローションは水で薄めて使用した方が良いでしょう。
      アンティサンバン4MMGだけでもかまいません。
      「顔」:まず、こちらも弱酸性の「KBローション」または薄めたものをつけてあげます。その後に、アンティサンバン4MMGを直接塗るのではなく、BSクリームなどを少し足して、手のひらで混ぜたものをお顔に塗ってあげて下さい。他の部位よりお顔への化粧品の使用は慎重に選んであげて下さい。大切なのはアフターケアです。通常の範囲であれば、帰宅後、弱酸性の化粧水「KBローション」およびローションを水で薄めたものを、お肌にしっかりつけて肌を休めてあげて下さい。冷やすことと、引き締めを意識します。あとは洗浄に気をつけてください。こうしておけば、日焼けによる肌のダメージを多少軽減することが出来ます。基本は物理的反射(衣類・帽子・日陰をつくる・・・)を含めた生活レベルでの対策です。お子様への化粧品の使用は慎重に行ってください。お子様の場合は、どのような化粧品を選ぶかというよりも、お肌の状況にあわせてどのように工夫するかを優先するようにしてください。

お子様の肌コース