トップ | 乾燥肌 ~ お肌の乾燥は老化の危険信号

乾燥肌 ~ お肌の乾燥は老化の危険信号

乾燥 ~ お肌の乾燥は老化の危険信号

乾燥肌の特徴(症状)

洗顔後顔がつっぱる

洗顔料や化粧水がしみる時がある

肌がカサカサしたり、白く粉をふく

お湯で洗顔している


うるおいを守るのは保湿成分

うるおいのある健康なお肌は角質層の水分量が15%以上です。

この水分量が15%以上になるとお肌は乾燥します。角質層の働きが正常であれば常に20~30%の水分を維持することができます。

お肌に必要な水分量を保つことができるのは角質細胞間脂質の働きです。角質細胞間脂質は細胞の間にある脂質で、そのなかでもセラミドと呼ばれる物質がとても重要な働きをしています。

乾燥の原因は「洗顔料やクレンジング剤」

原因のひとつは、お湯での洗顔や合成界面活性剤などを使用した洗浄力の強い洗顔料やメイク落しの使用が関係してます。

間違った洗顔法がお肌に必要な皮脂を取りすぎてしまい、バリア機能を低下させ、角質層に細胞間脂質を溜めておけなくなり、お肌を乾燥させているケースです。

そしてもうひとつの原因は、動植物油、鉱物油などのオイルを含まないオイルフリー化粧品でスキンケアをしている場合です。オイルフリー化粧品は、油分を含まないのでお肌を乾燥させてしまいます。

健康なお肌には、水分と油分のバランスが大切です。皮脂の分泌量は一定ではなく、部分によっても分泌量は違います。皮脂分泌が少ない部分には適度な油分を与えることがうるおいのあるお肌づくりの近道です。

乾燥肌は間違ったスキンケアが原因の場合が多くあります。乾燥肌を放っておくとバリア機能はより低下し、悪化すると敏感肌や逆に乾燥からお肌を守るために皮脂分泌が過剰になり皮脂量のバランスを崩し、混合肌になったりと乾燥肌はほかの肌トラブルの要因をもってるので注意が必要です。

乾燥肌の解決策  -必要な皮脂はのこして汚れだけを落とす洗顔が決め手-

①洗顔のお湯の温度に気をつけましょう。

素洗いの場合は水洗顔がおすすめです。洗顔料を洗い流すときは乾燥肌の場合は26~28℃が適温です。(普通肌の場合は30~35℃)

②洗顔料、クレンジング剤を見直す。

水洗い、クリームソープなどの石けんやびがんこなどでの洗顔。

メイク落しに合成界面活性剤を使った強いクレンジング剤は使わない  →ゼノアコールドクリームはこちら

creme soapbigankocold

③正しい洗顔方法で洗いましょう。

泡立てネットなどを使って固くつぶれにくいたっぷりの泡で洗いましょう。

ゴシゴシ洗いをしないで、泡でやさしく手際よく洗いましょう。

私たちのお肌を最表面で守っているのは皮脂です。乾燥した冬に耐えられるのも皮脂が天然のクリームとしてお肌を包み込んでいるからです。乾燥肌のならないためには、皮脂をとりすぎないことと、皮脂が足りないときには補うこと、皮脂をつくる環境を邪魔しないことです。こうした毎日のスキンケアが美肌への近道です。

肌の乾燥がひどく、化粧品などがお肌にしみるという方は化粧品の使用をやめてゼノア5段階法で、お肌を回復させましょう。

ゼノア5段階法はこちら