トップ | 年齢肌 ~ 紫外線や加齢などの影響でお肌は硬くなることがあります

年齢肌 ~ 紫外線や加齢などの影響でお肌は硬くなることがあります

硬い肌 ~  紫外線や加齢などの影響でお肌は自然に硬くなることがあります

年齢肌の特徴(症状)

年々肌が硬く厚くなっているような気がする

肌がザラザラ・ゴワゴワする

肌に負担をかけないスキンケアが自然な美しさをつくる

若くて健康なお肌は、しっとりとやわらかくハリがありますが、年齢を重ねるごとに
徐々にハリやうるおいを失い、シワやたるみが目立ってきます。シワやたるみが原因
で実年齢より老けて見えてしまうというお悩みは少なくありません。
そんなときにアンチエイジング化粧品に頼りすぎてしまうと、お肌に負担をかけてしま
います。
お肌が老化するのは年齢を重ねていけばごく自然なこと。大事なのはお肌に負担をか
けない毎日のスキンケアが自然な美しさをつくります。

若くて健康なお肌は、しっとりとやわらかくハリがありますが、年齢を重ねるごとに徐々にハリやうるおいを失い、シワやたるみが目立ってきます。
シワやたるみが原因で実年齢より老けて見えてしまうというお悩みは少なくありません。そんなときにアンチエイジング化粧品に頼りすぎてしまうと、お肌に負担をかけてしまいます。
お肌が老化するのは年齢を重ねていけばごく自然なこと。大事なのはお肌に負担をかけない毎日のスキンケアが自然な美しさをつくります。

原因は「代謝の衰え」と「紫外線」

お肌はどのようにして老化していくのでしょう。

ひとつは、線維芽細胞が減ってしまうためです。お肌の弾力をもたせるコラーゲン線維やエラスチン、ヒアルロン酸などの物質は真皮の中にある線維芽細胞という細胞でつくられています。線維芽細胞は少しずつ新しいコラーゲンと古いコラーゲンを入れ替えて真皮は新陳代謝を繰り返し、常に新しいコラーゲンを保持することで弾力を保っています。

しかし年齢とともに血行や代謝が悪くなったり、紫外線やストレスの影響で線維芽細胞の数の減少や働きが衰えてしまいコラーゲンやエラスチンなどを生み出されなくなってしまいます。すると肌は弾力を失い表皮を支えられなくなりシワやたるみが目立ってしまいます。

真皮層拡大図真皮層のコラーゲンを網目状のスプリングに例えるなら、エラスチンはコラーゲンをつなげるジョイント部分です。コラーゲンが少なくなると、スプリングが切れたり、弱くなって伸びてしまい、表皮層を支えられなくなります。

そして、紫外線はシミや日焼けなどのトラブルのほか、「光老化」と呼ばれお肌を老化させてしまいます。
光老化の原因は、主にUV-A。UV-Aは真皮の深いところまで届いてコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、お肌の弾力を奪います。
また、光老化は表皮を不自然に厚くさせお肌をゴワゴワさせたり、深いシワができたりしてしまうことも。

年齢肌の解決策-自然な美しさを食事と定期的な美顔術で手に入れる

①化粧品に頼らず、カラダの内側からのエイジングケアを。

バランスのいい食事を取りカラダの内側からのエイジングケアを心がけましょう。

②表情筋を鍛えるエクササイズ。

表情筋を意識して鍛えるようにしましょう。左右の頬を交互に膨らませたり、目を左右上下に動かすエクササイズを習慣にしてみましょう。

③1年を通してUVケア。

紫外線は弾力やハリを保つ真皮部分のコラーゲン細胞などを痛めてしまいます。

アンティサンバン4MMGアンティサンバン4MMG

④マッサージと蒸しタオルで血行促進。

毎日のお手入れにはマッサージクリームと蒸しタオルを使った美顔術で、血行をよくして各細胞に食事でとった栄養を行き渡らせましょう。 マッサージ方法

massageマッサージクリームアルファ u1-co-1415コールドクリームU-1


硬い肌コース