トップ | 敏感肌~ 敏感肌?それともアレルギー?

敏感肌~ 敏感肌?それともアレルギー?

かぶれ ~ 原因は化粧品?治るまで化粧品を使うのはガマン

敏感肌のチェック

石けんがしみて使えない

いままで使っていた化粧品が合わなくなったり、赤くなる、かゆくなるなど刺激を感じることがある

季節の変わり目に肌トラブルをおこしやすい

紫外線を浴びると赤くなったり、かゆくなる

敏感肌?それともアレルギー?

敏感肌はちょっとしたきっかけでトラブルを起こしやすく、化粧品がピリピリ刺激になったり、異常に乾燥したり、かゆみを感じるなど外からの刺激に敏感に反応してトラブルを招きやすい肌の状態です。

この敏感肌はいくつかのタイプにわかれ、症状別にスキンケアの方法も変える必要があります。自分の肌がどのタイプなのかをチェックしましょう。

〇ゆらぎ肌・・・普段は肌トラブルがなくても、体調の変化や季節の変わり目などにお肌の状態が不安定になり肌トラブルを起こしやすい。

〇体質的敏感肌・・・生れつき皮膚の水分や皮脂が少なく乾燥しやすい。

〇接触性皮膚炎(かぶれ)・・・遺伝的要素のあるこのタイプは、化粧品成分や金属類、化学繊維、洗剤成分などある特定の物質に反応します。

〇アレルギー性接触皮膚炎・・・皮膚に接触した物質に対して皮膚の炎症細胞が感作され、再びその原因物質に接触することによって炎症を誘発します。アレルギー性接触皮膚炎は、体の免疫システムが関係しており、アレルギーのある人だけが起こす症状です。

このように敏感肌といっても様々です。アレルギーや体質的に敏感な人は少なく、多くは間違ったスキンケアによってお肌を乾燥させ、皮膚バリアを弱めて皮膚内に異物を侵入させやすくし刺激を受けやすくしているケースがほとんどです。これは自ら招いた乾燥からくる敏感肌で乾燥性敏感肌などともいわれます。

原因は「セラミド不足でバリア機能の低下」

私たち人は様々な外部からの刺激(乾燥・紫外線・ダニ・ハウスダスト・雑菌など)を受けながら生活しています。

そんな外敵が多い中お肌を健やかに保っていられるのは外部刺激をブロックする壁のような働きのバリア機能をもっているからです。

しかし、バリア機能に深く関わっているセラミドという脂質が少なくなると、水分を保持する力が極端に減り、肌を乾燥させ皮膚表面に小さな隙間をつくります。その隙間から皮膚の中に刺激や異物が入り込むと異物の進入を防御するための免疫細胞が反応し、かゆみやかぶれなどの症状をおこしてしまいます。

このように敏感肌を起こす原因は、乾燥肌と共通しています。

お湯での洗顔や合成界面活性剤などを使用した洗浄力の強い洗顔料やメイク落しの使用や間違った洗顔法で、お肌に必要な皮脂を取りすぎてしまい、バリア機能が低下して角質層に細胞間脂質を溜めておけなくなりお肌を乾燥させているケースです。

そして、敏感肌用といった低刺激化粧品や無添加化粧品でスキンケアをしている場合は注意が必要です。

低刺激や無添加化粧品といっても、肌バリアを壊してしまう合成界面活性剤や合成ポリマーが配合されているものがほとんどです。敏感肌は乾燥肌の延長線でもあり、間違ったスキンケアで自ら原因を作っている場合が多くあります。

敏感肌の解決策 -バリア機能の回復させるケアに徹しましょう-

①洗顔のお湯の温度に気をつけましょう。

メイクなどしていない場合はなるべく洗顔料は使わずに素洗いをしましょう。洗顔料を洗い流すときは敏感肌の場合は26℃以下にしましょう。(普通肌の場合は30~35℃)

②洗顔料、クレンジング剤を見直す。

洗顔は素洗いもしくはびがんこで、メイク落しはコールドクリームで洗いましょう。

bigankoゼノアびがんこ nanゼノア無水コールドクリーム・NAN

洗顔やメイク落しに合成界面活性剤を使ったものは使わない。

③メイク用品は皮膚に直接つかないようにする。

メイク用品も刺激になる場合があります。被膜クリームでお肌を守りながらメイクをしましょう。

beautyshieldゼノアビューティシールド(被膜クリーム)

④日焼け止めクリームは刺激の少ないものを選びましょう

敏感肌の方は日焼け止めクリームが刺激になることがあります。刺激が少ない紫外線散乱剤を使用した日焼け止めクリームを選ぶようにしましょう。

アンティサンバン4MMGゼノアアンティサンバン4MMG


化粧品にかぶれてしまったら(接触性皮膚炎)

肌の乾燥がひどく、洗顔料や化粧品などがお肌にしみるという方は
しばらくの間は化粧品の使用をやめて「ゼノア5段階法」を行いながら
お肌を回復させる必要があります。
化粧品が使えるようになるまで続け
てください。
肌の乾燥がひどく、洗顔料や化粧品などがお肌にしみるという方はしばらくの間は化粧品の使用をやめて「」を行いながら
お肌を回復させる必要があります。化粧品が使えるようになるまで続けてください。
  • いま使っている化粧品をすぐにやめること
  • 完全に治るまでは石けんを含め一切の化粧品を使わないこと
  • ゼノア5段階法で自然回復をめざす

この原則を守るのが重要です。炎症はヒフが極端に弱っている状態なので安静にさせるのは当然です。化粧品でおさめようとしたりすると皮膚科医も困るほど悪化し、こじらせることになる場合があるのです。

ゼノア5段階法はこちら