トップ | 石けんシャンプーを上手に使いこなそう!

石けんシャンプーを上手に使いこなそう!

 

石けんシャンプーは合成シャンプーやリンスとは性質が違うため慣れるまでは使い方にコツがあります。

  1. 予洗い
  2. よく泡立てる
  3. シャンプーをよくすすぐ

今まで、合成シャンプー・リンスを使っていた方や髪を染めている方、髪が痛んでいる方は合成シャンプー・リンスのポリマーなどによって髪が保湿・コーティングされていたり逆にカサカサになっている場合があります。そうすると石けんシャンプーがなかなか泡立ちません。石けんシャンプーに切り替えるときは上手に使い、少しずつ慣らしていきましょう。

昔の美容室での洗髪はシャンプー原液を直接頭皮につけることはなく、シャンプーボールでシャンプー液を薄めその中で優しく頭髪を洗う方法が主流でした。
しかし、今では頭皮に直接シャンプーをつけて洗っていますよね。
石けんシャンプーは合成洗剤シャンプーより頭髪にやさしいですが、とはいえ、やはり原液よりは薄めて使用したほうがよりやさしい洗髪ができ、逆に水に溶かすことで泡立ちもよく、洗浄力も十分です。

基本洗髪

プラスアルファの頭髪ケア

1. ブラッシング
髪をぬらす前に、丁寧にブラッシングをします。
 

フケ・かゆみには
オイルローションをサイドからトップにかけて特に地肌によく馴染ませて1~2分マッサージをします。オイルローションをすると洗髪後べたつくという方は
・地肌だけによく馴染ませる
・よく洗う
この2点を注意してください。 その状態のまま蒸しタオルでよく蒸し、やや熱めのお湯で1~2回洗い流します。

2. 予洗い
丁寧に予洗いしホコリや整髪料を落とします。予洗いをするとシャンプーの泡立ちが良くなります。
 
3. 石けんシャンプー液をつくる
石けんシャンプーを直接頭皮に付けても特に問題はないですが、薄めて泡立てておくと洗髪もしやすく、洗い上がりも良くなります。
 
4. 洗髪
ゼノア洗髪石けんアルファ薄液で2回に分けて洗います。薄め液半分を頭皮洗いに。残りの半分で毛先を洗います。
 
5. すすぎ
すすぎはたっぷりのお湯で十分にすすぎます。すすぎが足りないとベタつきが残ってしまいます。ブラシを使うとすすぎも楽にできます。
 
6. リンス
洗面器7分目のお湯に酸性リンスアルファを10~12cc(さかずき1杯)を入れ、髪と地肌全体に浸しよくいきわたらせます。
洗い上がりを良くするコツ
リンス薄め液にクエン酸を少量混ぜると、よりなめらかな仕上がりになります。リンスをつけたままブラッシングをして少し時間を置きます。その間は体を洗ったり、湯ぶねに浸かるなどしてから流すくらいがちょうどいい時間です。
7. すすぎ
お湯で簡単にすすぎます。
 
 

髪のパサつきには
頭髪香油 髪が濡れた状態で毛先に頭髪香油で油分を補給してもよいでしょう。

<< 戻る || トップ | ゼノアのヘアケア商品紹介と使い方